校正方法が決まりますと,不確かさの要因の抽出も行い,.そして不確かさのの推定手順にもとずいた

計算を行っていきますが,その時に使用するのが,バジェット表です。

バジェット表は,エクセルで作成し,関数を入れておくと便利です。

SQRT関数等の関数をあらかじめいれてバジェット表の計算自動化をします