JCSS 計量法校正機関登録制度


JCSS(Japan Calibration Service System )
正式名称:計量法校正機関登録制度
国家計量標準供給制度と校正機関登録制度からなる制度です。
平成5年の改正計量法によって日本に導入されました
独立行政法人製品評価技術基盤機構(nite ナイト)の登録センターの
IAJapan(アイ・エイ・ジャパン)が計量法に基づき機関の校正能力等を登録します。登録された校正機関は認定機関,登録機関と呼ばれます
校正機関認定制度とは、校正機関において測定・試験・校正されたデータの信頼性を確保するために、権威ある認定機関が、その校正機関について一定基準を満たし特定の分野の試験・校正を行う能力のあることを認定する制度です。
欧米等においては、購入者(ユーザー)が供給者(メーカー)に対して製品に関する試験データを添付することを要求することが多く、その際に供給者は、当事者とは無関係な第三者である試験所で得られた試験データを活用しています。
この場合、購入者にとっても、供給者にとっても、取引の合理化・効率化のためには、試験所から出される試験報告書がより信頼できるものであることが重要となります。