今,このホームページをご覧になって頂いているISO17025取得のための担当の方に,まずこの ホームページにたどり着いて頂きありがとうございます。

もうすでに,ISO17025に関する情報をいろいろ調べられ、ISO17025のコンサルタントの存在状況につ いても、いろいろ調べられていらっしゃるのではないでしょうか?

ISO17025のコンサルタントを見つけられましたか?

 

指導エリア

弊社は、九州の宮崎県都城市にありますが、指導地域は、全国対応です。

 

指導の仕方について

オンライン指導と現地指導の併用

コロナのまん延している状況においては、現地指導とオンラインの指導を併用して皆様の安全を考えておこなっています。このオンライン指導を行うことで、各部屋で仕事をされている皆様も一同に集まる必要もなく、その部屋から直接、ISO17025の研修に参加することができます。

ISO17025何でもお気軽にお問い合わせ下さい

 

 

 

ISO17025の取得の準備

しっかりした準備,計画がないとISO17025の取得は失敗します

校正室,試験室の全員でISO17025の構築を進めていきます。一部の人の参加では失敗します。人任せには絶対しないでください。

品質マニュアル等の文書の作成が遅れる。取得までの期間を短くできるのは,このマニュアル等の作成期間をどれだけ短くできるかです。また外部の技能試験への参加も済ませておく必要があります。構築(仕組み)が出来上がりますと、審査までに内部監査の実施,マネージメントレビューの実施が必須です。

 

1.どのくらいの期間(取得期間)で取得できますか?

ISO17025の指導期間が1年で、そのあと審査を受けられ、取得になります。審査を受けられ是正処置を終了され認定されるまでは、認定機関により大きな違いがあります。

2.取得費用はどのくらいかかるか?

試験範囲,校正範囲等により違いますので詳しくは,お問い合わせフォームよりお尋ね下さい。

3.認定登録機関について知らない?

認定登録機関は、弊社よりご案内することもできます。

4.審査までにやるべきことは?

品質方針の設定、責任と権限の明確化,品質マニュアル等の作成(弊社よりひな型を提供、よって短期間に完成),試験,校正方法手順書の見直し、不確かさの推定,運用,内部監査,マネジメントレビューの実施です。言うまでもないですが外部の技能試験への参加は必要です。

5,少人数でも取得は可能?

ほとんどの試験所,審査機関が組織の一部になっていますので、5人から10人ほどで認定を受けられています。大丈夫です。

6.審査で合格できる?

お任せ下さい。今まで100%合格させています。

7.ISO認定書が早く欲しい?

皆様の指導をなるべく早く終わらせ、審査を受けて頂き、早く認定登録書が届くように努力します

 

ここは大事です

それは、これからISO17025の取得(JCSS認定)の企業様とコンサルタントのお互いの相性、協力がないと

構築がうまくいきません。まずは私と面談してみて頂けませんか?

契約の流れ

契約に進む前に、後になってトラブルは、お互い嫌なものです。
よって、もしスケジュール、指導の見積金額等に不明な点ありましたら、 契約前に弊社より貴社に訪問させて頂き、詳しくお話をお聞きし、詰めさせてさせて頂きます。 (この訪問における費用は、無料です)私どもコンサルタントも半月先までのスケジュール、認定機関の審査員の スケジュールも半年先まで予定が組まれていますので、その点、考慮のうえで ISO17025の取得計画を立てられることをお願いします 以上 不明な点ありましたら,お尋ね下さい。

 

引き合いから契約、キックオフ大会の開催まで

 

引き合い ISO17025の認定登録希望の企業様からメールや電話で引き合い
指導内容の確認 ISO17025指導における、コンサルタント料金、指導期間、指導方法等の確認

1年間の指導スケジュールの公開 内容のお話
現況についてのお尋ね どんな組織になるのか?構成職員,施設,校正,試験員,校正方法,試験方法
適用範囲の確認 どの登録区分で認定を受けるのか?,
組織の名称 (例)校正室、校正センター、○○試験室、試験センター、研究センター
組織の構成人数 何名で校正室、試験室を運営するのか、独立性、公平性

契約 ISO17025コンサルティング契約書
キックオフ大会 最近,このキックオフ大会が省略される場合が多いのですが、やはり開催して、社長宣言されたほうが、あとの運用に元気がでます。

 

初めてISO17025を取得したいという企業様を訪問して話をさせて頂くといろいろなお話を

聞くことができます。

 

コンサルタント採用のメリット

構築期間中のスケジュールが狂わない。

予定通りに進む。審査を受ける構築度合いの心配がない。

審査を受けられる構築状況になった時なので、安心。

構築期間が大幅に短縮できるので、期間損失が無い。

途中でISO17025取得の挫折が起きない。

 

ISO17025取得についての情報

(1)ISO17025を指導するコンサルタントは少ないということ。

(2)取得期間が長くかかります。

(3)試験室、校正室等の環境条件が整っていない企業様もまれにあります。

(4)品質マニュアル等のひな型が皆無で、文書作成に苦労します。

(5)認定登録審査が厳しい。

 

 

コンサルタントの選択について

①コンサルタント費用の見積書(ISO17025コンサルタントに実際,会社に来てもらい諸状況をお話しされ、そのあとISO17025コンサルタント見積書の提出をしてもらいます),

②ISO17025コンサルタント指導計画書(スケジュール)

③過去のISO17025指導実績(認定させた実績)を入手されてISO17025コンサルタントの選定資料にする。

ISO17025取得コンサルテイングについて

 ●ISO17025指導契約期間は,12ケ月間です。

 ●1回あたりの訪問指導時間 13時から17時(休憩含む) 4時間

 ●コンサルテイング料金 ○○○万円(税抜),交通費宿泊費は別途。
 注)契約期間の延長においては、変更契約が必要です。

 ●審査の立ち会い、是正処置指導は,無料です。

 

おおまかな指導スケジュール

1.キックオフ

2.ISO17025要求事項、法令等の要求事項

3.認定登録範囲の決定

4.品質マニュアル等の作成

5.施設、設備、校正機器等の確認

6.試験員、校正員の力量基準, 教育訓練計画及び実施

7.技能試験への参加

8.試験、校正の実施

9.不確かさの推定

9.試験,校正結果証明書の発行

10.内部監査

11.マネジメントレビュー

12.申請書の作成

 

構築内容・指導内容

●組織の責任と権限

●トップマネジメントは誰、品質管理者は誰、技術管理者は誰、技術者は誰、技術者補助員は誰、校正証明書発行責任者は誰、試験報告書発行責任者は誰

●技術者の力の確認 現在の技術者の技術力の確認

● 認定登録の申請の仕方 認定機関の一般要求事項、取得と維持、申請書について

● 認定機関の公開文書の案内と研修 共通文書、技術文書、不確かさの文書

● ISO17025規格要求事項 解説及び理解

● 校正機関、試験所の運営のための必要文書 品質マニュアル、品質技術管理規定、校正手順書、試験手順書、不確かさの手順書、設備・機器管理手順書、校正証明書発行手順書、試験報告書発行手順書、記録様式の原本の作成

●外部文書の特定

●施設 校正室、試験室の環境条件

●設備 校正機器、試験機、校正支援機器、校正機器管理機器、パソコン、ソフトウェアその他についての適正判断及び管理の仕方

● 常用参照標準 JCSS校正依頼

●校正、試験場所 恒久施設、現地の判断

●職員 校正技術者、試験技術者の兼業務との識別

●外部からの圧力 職務規定、個人情報保護,機密情報及び所有権の保護

●コミュニケーションの仕組み

●品質方針 の作成

●品質目標の作成

●文書体系

●文書管理  文書の発行手順、管理、配布、改訂,変更,廃止、外部文書の管理

●依頼,見積仕様書,契約の内容の確認の手順の作成、

● 試験・校正の下請負契約

●サービス及び供給品の購買 取引先の評価基準、評価、再評価、取引先リスト,受入検査

●顧客へのサービス

●顧客満足の調査

●苦情対応手順

●不適合の試験・校正業務の管理

●データの分析

●是正処置の手順

●リスク及び機会

●記録のリスト,記録の管理の手順

●技術的記録 書式,契約書,作業票,作業基準書,チェック票,作業ノート,管理グラフ,外部及び内部の試験報告書並びに校正証明書,顧客のメモ・書類・フィードバック

● 内部監査の手順、内部監査員養成、内部監査員の資格。内部監査チェックリストの作成、内部監査の実施

●マネジメントレビューの実施

●設備の操作,取扱説明書

●校正,試験の実施

●校正の結果の評価,試験結果の評価

●試験報告書並びに校正証明書のひな形の作成、試験報告書並びに校正証明書の発行手順、管理

●試験所・校正機関の要員の教育,訓練 教育訓練体系、教育訓練テキストの整備、教育訓練計画、有効性の評価、資格付与,資格認定教育の試験問題の作成

●施設及び環境条件 校正室,試験室の環境条件

●試験・校正の方法及び方法の妥当性確認 試験・校正の方法の選定

●測定の不確かさの推定不確かさとは、手順の作成,分散分析、パジット表、最高測定能力,エクセルの活用

●データの管理 どんなデータがあるか?手順の作成

●測定のトレーサビリティ

●参照標準及び標準物質

●試験・校正品目の取扱い

● 試験・校正結果の品質の保証 技能試験への参加

●結果の報告 試験報告書及び校正証明書

●記録ファイル 記録ファイル番号

●運用の記録 作成の仕方

●校正手順、試験手順 模擬実地

●校正品、試験品の棚、保管庫

● 校正、試験の工程管理 校正、試験実施予定表

● 申請書の作成指導

●審査立ち合い

● 審査指摘 是正処置指導

●現地校正 現地の環境条件、手順

 

運用記録はすべて作成しなければならない。

教育訓練計画を立てたものの教育訓練実施記録が揃っていなくてはならない。

校正技術者の資格認定 認定基準,試験問題の作成,試験実施,認定書

測定データーの記録
各校正技術者の社内技能試験の実施,最高測定能力の算出。測定の不確かさの算出(算出の前提として不確かさの推定手順書が作成,発行されていないといけない)

まだ不適合の校正は無い(運用が実施されていない場合に起こりえます)ということで,不適合発生報告書や是正処置報告書が作成されていないということでは、だめです。苦情の発生も同じです。

まだ認定を受けていないのだから、ISO17025の適用の顧客はいないから、顧客満足不満足調査表は作成できないとか、データ収集分析はできないとかの言い訳はできません。

まだ認定を受けていないのだから、ISO17025の適用の顧客はいないから, 依頼、見積仕様書及び契約内容の確認ができないもだめです。
模擬として,10社ほど作成する必要があります。

上記10社の校正(測定から不確かさを加味)の実施から10社分の校正証明書を作成し発行します。

外部技能試験への参加の結果報告書(申請書の添付書類)

内部監査,マネジメントレビーの実施(申請までに実施していることが必須)ISO17025規格の理解等(設備等の取扱説明書の理解)がないと内部監査が実施できない。内部監査員の資格認定(校正技術者の資格認定と同じように, 認定基準,内部監査員認定試験問題の作成,試験実施,認定書)、内部監査の結果により是正処置報告書の作成(内部監査の実施により,不適合がないことはありえない)マネジメントレビューを実施するためには,

 マネジメントレビューのインプト情報の証拠書類(記録など)がないとできない  →この記録,データが,なかなかそろわない(作成ができない、遅れるなど)

 

オンラインによるISO17025取得の指導

オンラインによるISO17025取得の指導

コロナウイルスの影響でISO17025取得のためのスケジュールが皆様においては、大幅に遅れているのではないでしょうか?

そこで弊社においては、今までの現地指導におけるコンサルテイングのノウハウに,オンライン指導のノウハウを併用して皆様のISO17025取得の支援を行わせて頂くことにしました。

オンラインの活用により、皆様へのコロナの感染も心配する必要はありません。密になることもありません。

このオンラインのISO17025取得支援においては、これから校正機関(JCSS)、試験所の認定登録をめざす企業様を支援していきます。

 

ISO17025取得に心配のある会社

弊社にコンサルテイングを依頼されることをお勧めします。

自分たちで取得できると思われるのは良いのですが、構築を進める中で分からないテーマがどんどん出てきて、その良否が判断 できません。

最悪の場合には、取得するのをあきらめるしかありません。

私はこのような企業様を多く見てきました。

審査が遅れる理由

●正式な第1版の品質マニュアル等の文書が発行出来ない品質マニュアル,品質・技術規定,SOP(校正,試験方法手順書,不確かさの推定手順書、設備管理手順書、校正,試験結果報告書発行 手順書等)

●記録様式がなかなか出来上がらない。→登録申請が遅れます 。

●運用記録が取れない。ISO17025適用範囲の業務実績がないので、どの範囲の記録を作成して良いか分からない。

●内部監査のチェックリストがなかなか作れないよって内部監査が出来ない。

●マネジメントレビューが実施出来ない
●申請書チェックリストの項目になかなか“Y”が付かない。
●申請書類の不備(最悪の場合には取り下げ)

 

ISO17025の審査の状況

ISO17025の審査

(1)NITTE(JCSS,JNLA)を選択された場合は、審査は、現地審査1回のみの一発勝負です。

(2)コンサルタントを頼まないで、自社で取り組んで、ISO17025取得を受ける場合には、超長期期間を要します。途中で挫折 される(JCSS,JNLA登録をあきらめる)企業様がほとんどです。 構築中の進捗について外部の第三者から管理されていない。また審査でのお尋ねで100件以上の不適合、審査での不適合も50件以上でる ことが実情です。100以上もあったら是正処置するだけでも大変です。

(3)4年更新

(4)技術的要求事項 登録審査機関の独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)の要求事項とISO17025の要求事項

①施設の環境条件

②参照標準のトレサビリティ

③技術者の力量(要求される力量と資格付与)

④試験方法 JIS ④不確かさの計算

⑤試験証明書の作成(Word、プロクラムの開発)

⑥技能試験(4年に1回)への参加 NITTE主催(外部機関指定),

測定監査への参加

 

ここで紹介させて頂いているISO17025品質マニュアルは、私が過去から最近までISO17025のコンサルをして、その中で出来上がったものです。

 

下記にご紹介しているISO17025の取得のコンサルにおいても、皆様にご案内している品質マニュアルを最初の作成に取り掛かる時に提供している基本的なISO17025品質マニュアルです。

 

私の今までのISO17025指導の中で作り上げたものです。

 

下記の審査においても、審査員様から大変褒められました。それは,ほかの審査をした会社のマニュアルは、こんなところが全然なかったと比較されて言われました。

 

皆様、品質マニュアルをはじめ、ほかの管理文書、手順書、記録様式等、一式作成されるのは大変で、苦労すると思いませんか?

 

また、全文書を完成させるのにどのくらいの期間で出来上がると思いますか?

 

半年で出来上がりますか? 皆さんが一から作られて6ケ月以内で作れるとは思いません。

皆さんそう思いませんか?

 

それだったらある程度完成しているISO17025品質マニュアルをたたき台として使ってみませんか?

 

下記にISO17025取得を1年で成し遂げられた企業様は、この品質マニュアル等の早期完成ができたので、1年間でISO17025の取得が可能になったのです

 

 

 

令和2年11月より1年間、令和2年11月に関東で指導させて頂いた企業様が無事、認定登録審査を受けられ、不適合1件という素晴らしい成績でISO17025を取得されました。

コロナ禍の令和2年11月の取得へのスタート。指導に当たってどのような指導をしていけば

良いのか?考える方法はなし。経験したことのないコロナ禍。全国が不安の最中。いろいろな情報がテレビから流されてくる。

さしあたり、ZOOMを使ったリモートによる月3回(午前10時から12時)の指導を開始。

それでも冬の季節のためコロナによる感染は広がるだけ。よって年を明け1月から3月まで

このままのZOOMによる指導が続きました。しかし、9月に初回審査が組まれているので

どうしても、4月からは現地審査も入れないとまずい。

よって4月からは、月1回の現地指導と、2回のリモート指導を組み合わせ指導することにしました。

このISO17025の取得は、大変敷居の高い、難しい内容を含んだもので、多くの企業様が挑戦されるが、挫折される(途中でISO17025の取得をあきらめられる)。

私も長年、このISO17025の取得の指導をし、取得を目指される企業様と共に、多くの時間

(コロナ禍の前は、指導期間2年、現地指導訪問回数30回(1回⇒朝10時より夕方4時まで))を使い、お互い長期期間がんばりました。

 

これからISO17025の取得を目指す企業様へ

取得するためには、取得を目指すチーム(部門)の全員の協力、取り組みが必要になります。

皆様は、ISO17025を取得するために、一生懸命取り組みされる気持ちは大いにあると思います。ただここで問題なのが、今までの通常業務を行いながら、取り組まなければならないということです。

よって忙しい中でのISO17025の取得において大事なのは、やはりいつまで取得するという確固たる計画、中心となるリーダーシップを持った人への任せ、そして全員の協力、最後にコンサルとの相性です。

 

多くのISO17025取得をあきらめた企業様の二の前にならないためにも、コンサルの導入をお勧めします。

 

 

 最近の指導実績

令和2年11月より1年間、関東で指導させて頂いた企業様が無事、令和3年11月に認定登録審査を受けられ、不適合1件という素晴らしい成績でISO17025を取得されました。

コロナ禍の令和2年12月の取得へのスタート。指導に当たってどのような指導をしていけば

良いのか?考える方法はなし。経験したことのないコロナ禍。全国が不安の最中。いろいろな情報がテレビから流されてくる。

さしあたり、ZOOMを使ったリモートによる月3回(午前10時から12時)の指導を開始。

それでも冬の季節のためコロナによる感染は広がるだけ。よって年を明け1月から3月まで

このままのZOOMによる指導が続きました。しかし、9月に初回審査が組まれているので

どうしても、4月からは現地審査も入れないとまずい。

よって4月からは、月1回の現地指導と、2回のリモート指導を組み合わせ指導することにしました。

このISO17025の取得は、大変敷居の高い、難しい内容を含んだもので、多くの企業様が挑戦されるが、挫折される(途中でISO17025の取得をあきらめられる)。

私も長年、このISO17025の取得の指導をし、取得を目指される企業様と共に、多くの時間

(コロナ禍の前は、指導期間2年、現地指導訪問回数30回(1回⇒朝10時より夕方4時まで))を使い、お互い長期期間がんばりました。

 

これからISO17025の取得を目指す企業様へ

取得するためには、取得を目指すチーム(部門)の全員の協力、取り組みが必要になります。

皆様は、ISO17025を取得するために、一生懸命取り組みされる気持ちは大いにあると思います。

ただここで問題なのが、今までの通常業務を行いながら、取り組まなければならないということです

よって忙しい業務の中でのISO17025の取得(JCSSの認定)において大事なのは、やはりいつまで取得するという

確固たる計画、中心となるリーダーシップをもった人の推進力、そして全員の協力、最後にコンサルとの相性です。

多くのISO17025取得をあきらめた企業様の二の前にならないためにも、コンサルの導入をお勧めします。

ISO17025取得スケジュール表をプレゼント

ISO17025取得の到達地点の分かるスケジュールを立ててみましょう。

弊社のISO17025取得セミナーで使用している、ISO17025構築スケジュール表(貴社書込式、 EXCEL版)を

無料でプレゼントします。

ISO17025取得の最初の取り組みから最後の審査を経ていつごろISO17025を取得するという 全体的な姿が見えて

いないと、何をしていくかも、計画のたっていない中で進められていき効率的な 構築ができません。

ぜひこのISO17025構築スケジュール表に書き込み計画を立てて下さい。

ISO17025構築スケジュール表は、お問い合わせフォームよりお申込み下さい。

 

    このページの情報は役に立ちましたか?

    このページの情報は見つけやすかったですか?

    確認のうえ送信ボタンを押して下さい。

    確認