ISO17025品質マニュアルをお探しではないですか?

取引先から「あなたの会社は、ISO17025を取得をしていますか?」と尋ねられた。ISO17025は、まだ取得していない。それで社内でISO17025取得について会議が開かれ、ISO17025取得に向けて取り組むことが決定された。その推進の責任者に任命された担当者は、ISO17025についていろいろ調べたが何をして行けば良いか分からない。

そうしているうちに、ISO17025品質マニュアルの作成が、審査を受けるに当たって必須であることが分かった。

でもどのようにISO17025品質マニュアルを作成して良いかわからない。

(1)ISO17025の品質マニュアルのサンプルがなかなか無い。

(2)本当に本屋さんに行っても、ネットで探しても無い。

(3)時間をかけて作成するとその時間分、審査を受ける時期が延びる。

(4)自社の組織に合ったISO17025品質マニュアルが作成されていない。

(5)ISO17025品質マニュアルを読んでも5W1Hがはっきりしていない。

(6)ISO17025品質マニュアルの作成が担当者1人だけで作成された為に、完成後の職員への周知ができていない。

(7)審査時に審査員から聞かれたことがISO17025品質マニュアルのどこに記載されているかすぐに開けない。

(8)せっかく作られたISO17025品質マニュアルを少数の人が読んでくれない。

  (9) 上司からISO17025品質マニュアルのサンプル購入の承認がもらえない。

 

弊社のISO17025品質マニュアルのサンプルの活用は, 作成時間短縮,人件費削減に大幅に役立ちます

(1)ISO17025品質マニュアルの作成が楽になります

(2)初めてISO17025取得に挑戦される企業様にとって,品質マニュアルを早く完成することができることにより,ISO17025取得の構築期間も4ケ月間ほど短くできるのです。

(3)すぐに自社用のISO17025品質マニュアルの書き換え作業に 取り掛かれ ます。

(4)作成担当者の負担の少なくなる
5)1週間あれば,出来上がり, すぐに社員に配布して全体的な見直しに入れます すぐに社員に配布して全体的な見直しに入れます
全員ですぐにISO17025品質マニュアルの内容の検討をし,追加,修正の改訂を行えます

(6)必要な記録様式も分かり 便利ですので, 早いうちから品質記録が 書けるようになれます
(7)ISO17025取得準備期間を短縮できるのは,ISO17025品質マニュアルを早期に作成する方法しかない!

弊社のISO17025品質マニュアルの特徴・長所

(1)書き換える箇所が少ない。
(2)参照文書がわかる
(3)規格要求事項が網羅されている 

   ①今までの何回ものiso17025の指導を通し、審査において文書審査において合格した、品質マニュアルです。完成済みのiso17025マニュアルです

   ②参照文書が記載
    niteの品質マニュアル作成指針にも書かれているように、マネジメントシステムの全てをマニュアルに網羅することは出来ない。

    よってより詳しく書かれている下位文書の参照文書(諸規定、記録様式等)の表記がされています

   ③規格要求事項を網羅
    やはり 品質マニュアルには、iso17025規格要求事項、適用法令、 審査機関の要求事項が網羅されている必要があり、記載されているので、

    初回の文書審査で審査員からの不適を指摘されることもない

  (4)担当者が、楽をする
    通常の業務をする中で、品質マニュアルを作成するのに担当者の負担が減る

  (5)社員への配付
    社員への配布早くなると,次は実際の業務の中での規格が要求している運用記録を書くことができます

  (6)早く出来上がるとその後の運用期間、内部監査、マネジメントレビュー、審査までのiso17025取得スケジュールを明確にしてくれます

自社独自でマニュアルを作成された場合とサンプル購入で作成マニュアルを作成された場合の違い

17025品質マニュアルのサンプルを購入して作成した場合と自社でいちから作成して場合のと出来上がっている雛形を購入した場合の違い

(1)サンプルを購入し作成→お金の支払いが発生する

              完成までの期間が1ケ月以内

(2)自社で作成→→→→→→→お金の支払がない
              完成までの期間が6ケ月以上

今までの通常業務を行いながら品質マニュアルを作成するとしたら、必ず残業時間が必要になってきます。

お金の支出は無いかもしれませんが長い期間、品質マニュアルの作成に時間を費やすことは、お勧めしません。

そのほかにいっぱいやらなければならないことがあります。

販売する弊社も、iso17025品質マニュアル、品質技術管理規定、記録様式、内部監査チェックリスト、社内内部監査員認定試験問題を完成させ、販売するまで、大きな時間投資を行ってきました。

弊社のiso17025品質マニュアルを活用するといろんなメリットが見えてきます
 時間節約できる
 担当者が悩まなくて良い
 人件費が節約できる
 すぐに完成
 すぐに配布
 よって 審査期間の短縮

 ※多くの企業様が迷いもなく購入して頂いています

 

iso17025の審査まで、最低1年間は必要である。

その1年間の工程計画が必要になってきます。
大きく分けると、次の3つのステップです。
(1)品質マニュアル、諸規定、手順書、記録様式等の作成に必要な期間

(2)上記(1)が終了したのちのマネジメントシステムの運用期間です。

(3)そして、最終的な
  ①内部監査
  ②マネジメントレビューの実施
   期間です。

お分かりの通り、最初のステップの(1)品質マニュアル等の作成が出来ないと、ステップ(2)(3)にも進めません。
よってこの品質マニュアル等の作成がいかに重要かが分かって頂いたものと思います。

さらに大事なことは、審査までの期間を1年で計画する為には、1番短縮できるステップはこの(1)品質マニュアル等の作成期間の短縮しかないのです。  

 

 

品質マニュアルの作成方法

(1)ISO17025要求事項に従い、作成していくか、業務の流れ(プロセス)で作成していく。

(2)業務の流れで作成していくのは、なかなか初めてISO17025のマニュアルを作成する方には難しい。

(3)私は、ISO17025要求事項の流れで作成されていくことをお勧めします。それは要求事項の漏れのないISO17025マニュアルを作成できる

   こと。また、審査機関の審査がこのISO17025要求事項の流れで聞いてこられること(審査員のチェックリストもISO17025要求事項の順に

   作成されている)

2.ISO17025を適用する範囲を決める。

3.試験所、校正機関を運用するために必要な人、モノ,かね、情報に明確にする。

4.ISO17025要求事項のほかに、審査機関、法令等の要求事項等を特定する。

5.用語及び定義を確認する。

6.要求事項の中の”組織”とは、その項番ごとに決める。

7.”しなければいけない”,”確実にする”等の文末を注意する

8.”文書化”を要求しているものを欠落させない。

9.品質マニュアルは、あくまでもシステムの概念について書かれているものなので、その下位文書との整合がとれるように作成する

10.品質マニュアルは、実際運用できるものでなければならない。

 

また、TEAMSやZOOMのオンラインでお聞きしたい


    TEAMSかZOOMのどちらかを選択

    確認してチェック