ISO14001の2015年度版への移行指導のために熊本まで行ってきました。

ISO14001の2015年度版への移行指導のために熊本の企業様に訪問指導に行ってきました。

そうしましたら、メンバーの女性の方から、審査機関より送られてきた,移行審査の日程表を見せて頂き、

コピーを頂きました。移行審査の日程は、9月の初旬です。あと3ケ月あまりでしょうか?

ISO14001の2015年版は、最初の4,5,6が特徴ですし、ここの部分が一番わかりにくいところですと

多くの指導先の管理責任者ほかの方より聞こえるところです。

よって、私の指導もこの4,5,6については,規格をしっかり読み、補助プリントをお渡しして

指導させて頂いています。

今現在、ISO14001の移行準備をされている皆様、早く進むのを止めて、再度4,5,6についての

社内での意見の統一がされているか確認してみてください。

ここに時間をかけることが,このISO14001の2015年版の構築の成功をもたらします。

4.1 組織及びその状況の理解

・外部及び内部の課題

4.2 利害関係者のニーズ及び期待の理解  ・

5リーダーシップ

6.1リスク及び機会への取組み